やかないサプリは妊娠中に飲むと危険?知らないと後悔する事実

やかないサプリは妊娠中は飲まない方がいいの?

他の飲む日焼け止めと比べてコスパが高く、加えて日焼けを防ぐ確かな効果から口コミで話題となり人気商品となったやかないサプリ。

 

医薬品ではなくサプリメントであるやかないサプリには基本的に副作用はありませんが、「妊娠中に飲んでも大丈夫なの?」という疑問を感じている方もおられるのではないでしょうか。
ここでは、やかないサプリを妊娠中に利用することはできるのかどうかをお伝えしたいと思います。

 

妊娠中はやかないサプリを飲まない方がよい

まず、結論から先に言うと妊娠中の女性はやかないサプリを飲まない方がよいということになります。
そのわけは、やかないサプリにローズマリー抽出物とシダ植物抽出物という成分が配合されているためです。

 

ローズマリー抽出物のローズマリーはヨーロッパでは昔から薬草として知られていました。
その効果は手足のむくみやひどい生理痛の改善、その他には出産を促すというものもあり、難産の時や予定日を過ぎても出産がない時などに使われていたそうです。

 

そのため、妊娠中にローズマリーを摂り入れることにより、早産や流産となる可能性がある、ということなのです。

 

そして、シダ植物抽出物はPLエキス、フェーンブロック、ポリポディウムリュウコトモスとも呼ばれていて、日焼け防止やシミ、シワなどの予防効果がありますが、同時にアレルギー症状を悪化させることもあります。
飲んだ人がすべてアレルギーを発症するというものではありませんが、もともとアレルギー体質の方は飲むときは注意が必要となります。

 

また、妊娠中の女性に対するPLエキスの安全性は証明されていませんので、危険を避けるために妊娠中の摂取は避けた方がよいとされているのです。

 

少しでも危険を避けるために妊娠中はサプリ全般を避ける

そもそもやかないサプリに限らず、サプリメントは特定の成分を過剰に摂取することになる可能性があります。
その結果、おなかの赤ちゃんに悪影響を与える可能性があるともいわれていますので、妊娠中はサプリメント全般の摂取を避けた方がいいかもしれませんね。

 

「妊娠中も日焼けはしたくない」「日焼け止めを塗るのが面倒」という妊娠中の女性も数多くおられると思いますが、おなかの赤ちゃんや自分自身の体に問題が起きてしまったら大変です。
少しでも危険を避けるという意味で、妊娠中はやかないサプリ、そしてサプリメント全般の利用を避けることをおすすめします。

 

 

やかないサプリの口コミを見てみる